武家屋敷跡 野村家

01

加賀藩の藩祖・前田利家が1583年(天正11年) 金沢城に入城し加賀百万石の礎を築く際に、直臣として利家につき従った野村伝兵衛信貞の屋敷跡。

明治維新後の混乱で建物の一部が壊されたものの、昭和に入ってから北前船の船主・久保彦兵衛の豪邸から、藩主を招いた「上段の間」と「謁見の間」などが移築され、現在に至っている。山水画の描かれた襖や、総檜造りの格天井、ギヤマン(ガラス)入りの障子戸など、文化財としても貴重な建物で、茶室や、樹齢400年の山桃や椎の古木が茂る美しく整備された庭など、格式高い暮らしの一端を垣間見ることができる。

アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の3位にランキングされたほか、ミシュランの観光地格付けにて2つ星に選ばれるなど、海外でも高い評価を受けており、まさに「日本美」ともいえるシンプルで清らかな美しさにあふれている。

02

久保彦兵衛の邸宅から移築された上段の間(奥)と謁見の間。藩主を招いた際に使用された部屋で、総檜づくりの格天井、紫檀、黒壇材を使った緻密な細工など、費用と技術をかけて築かれたもの。謁見の間の白い牡丹の襖絵は、加賀藩の支藩、大聖寺藩の藩士であった山口梅園の手になるもの。心流剣術の名手であったといわれ、江戸時代後期の文人画家・浦上春琴に絵画を学んだという人物。

03

04

05

06

091011121314
08

Japan web magazine’s recommend

Share