安良町公民館(旧鶴岡警察署大山分署)

安良町公民館(旧鶴岡警察署大山分署)

1885年(明治18年)に建てられた鶴岡警察大山分署は、地元の人々に長らく「分署」と呼ばれ親しまれた建物。真っ白な板張りの壁に淡青色をした柱、瓦葺の印象的な建物で、旧鶴岡警察署や旧西田川郡役所等を建てた高橋兼吉の親戚で弟子でもあった高橋権吉の手によるもの。当時、各地で建てられた日本建築をベースにした洋風の建物「擬洋風建築」と呼ばれる建物で、その当時の鶴岡市の世情を今に伝える貴重な建物。1975年(昭和50年)に鶴岡市から大山地区安良町に譲渡され、安良町公民館として使用されている。国登録有形文化財。

Japan web magazine’s recommend

Share