奇岩連なる北の秘境「仏ヶ浦」

仏ヶ浦

日本の法律に「半島振興法」というものがあるのをご存じだろうか。これは、三方を海に囲まれ、平地に恵まれず、水資源に乏しい等の理由により、産業基盤や生活基盤を整備する上で他地域に比較して制約の多い半島に対して減税などの特別な措置を施して振興を図り、半島地域の自立的発展及び住民の生活向上と国土の均衡ある発展に資する事を目的に作られた法律だ。要は、他地域と比較して何かと不便なことの多い半島地域を活性化させようという国の方針で出来たもので、北は北海道の積丹地域や渡島地域、南は大隅地域や薩摩地域に至るまで、全国23地域が指定されている。この半島振興法の対象地域となっているエリアは、都市部から比較的容易にアクセスできる地域もある一方、アクセスするのが大変な場所も多く、中には「日本の秘境」とも呼べるような場所も数多くある。

下北半島にある「仏ヶ浦」もそんな場所の一つ。JR青森駅から陸奥湾沿いに車で4時間。津軽半島側から平舘海峡を船で渡っていくルートもあるが、それでも3時間近くかかる遠隔地だ。様々なメディアに取り上げられ今でこそかなり名前が知られるようになったが、断崖絶壁が連なるその地形は陸上からは容易に近づくことができず、かつては地元の漁師など一部の人達だけが知っていたという奇勝であった。約2kmにわたって巨石、巨岩が立ち並ぶその景観は圧倒的で、そのスケールの大きさとアクセスの困難さは、まさに「日本の秘境」と呼ぶにふさわしい。

17

そんな「仏ヶ浦」を訪ねてみた。
関連ページ 死ぬまでに一度は訪れたい!日本の秘境。

「仏ヶ浦」へ車のみで行く場合には、青森市内から東へ針路を取り、浅虫温泉を通過、野辺地町を抜け、菜の花で有名な横浜町を越え、むつ市へとドライブしていく。時折、現れる陸奥湾の美しい光景や、道路の両側に並ぶ木々、巨大な風車、どこか懐かしさを覚える二階建ての小学校、赤や青の屋根の家々などを眺めながらの運転は、道がよく、車の流れがスムースなこともあって快適そのもの。所要時間を感じさせない楽しい道のりだ。

途中で、道の駅やスーパーマーケットに寄り道しつつ、特産のホタテを使ったホタテおこわ(250円)や、ほたての揚げ物(100円)、はたまた陸奥湾で捕れた新鮮捕れたてぴちぴちの天然のホヤをその場でさばいてもらった刺身(280円)などをつまみながら、出発してから約4時間。くねくねの山道を睡魔と闘いながらしばらく走った後、ようやく駐車場に到着した。

01

ホタテおこわ

02

さくさくぷりぷりホタテフライ

03

天然ほやの刺身

 

1 2 3 4Next

Share