雨晴海岸

05

能登半島の付け根部分、富山湾に面した富山県高岡市北部の海岸で、富山湾越しに3000メートル級の北アルプス、立山連峰の山々を望める絶景で知られる。越中国司としてこの地に滞在した万葉歌人・大伴家持もこの風景を愛し、「渋谿の崎の荒磯に寄する波 いやしくしくに古(いにしへ)思ほゆ」などの歌を詠んでいる。

海岸沿いに、北陸道を通って奥州へ落ちのびる途中の源義経が、にわか雨が止む(晴れる)のを待ったという「義経岩」があり、この故事が「雨晴」の由来となっている。

02

03

04

07

06
雨晴海岸のすぐそばを走る氷見線。鉄道ファンには人気の撮影スポット。

08

Japan web magazine’s recommend

地図

Share